WordPressテーマの選び方を3つのポイントで解説【最適解】

悩む人

WordPressテーマの選び方がわからない…。
有料テーマの方が良いって聞くけど、買って損しないか不安です…。

そういった悩みを解決します。

本記事の内容
  • WordPressテーマの選び方を3つのポイントで解説
  • WordPressテーマを選ぶ際の注意点
  • WordPressテーマで有料テーマを選ぶ優位性

WordPressテーマの選択はブログ運営をしていくにあたって、大きな分岐点となります。

そんな中で適当に選んでしまっては、自分のブログに合っていなかった際に「時間」「お金」を無駄にしてしまう可能性があります。

もちろん全てが無駄とは言いませんが、、

とはいえ事前にテーマ選びのポイントを押さえておけば、失敗して後悔する可能性が減るはずなので、本記事でテーマ選びのポイントについて紹介していきます。

またWordpressテーマを選ぶ際の注意点や、有料テーマの優位性についても掘り下げていくので、ぜひ最後まで見ていってください。

本記事を書いている人
  • 22歳国立理系大学生(機械学習をテーマに研究)
  • Web系のプログラミング言語を勉強→ITベンチャーで長期インターン
  • Twitterのフォロワー数は1500名ほど
  • 現在は法人のWebマーケティングの仕事を受けています
目次

WordPressテーマの選び方を3つのポイントで解説

WordPressテーマの選び方における3つのポイントは以下の通りです。

WordPressテーマの選び方における3つのポイント
  • デザイン面
  • 機能面
  • サポート面

順番に見ていきます。

①:デザイン面

デザインの見た目が好みかどうか?が、一番重要であると言っても過言ではないと思います。

直感的にビビッとくるデザインなら、そのテーマを選んでも後悔は少ないかなと。デザインでブログを楽しんでいる人もいるくらいですからね。

例えば以下の二人を比べてみてください。

  • Aさん:テーマを好みのデザインにしたけど、機能面やカスタマイズ面で少し苦労する
  • Bさん:機能面やカスタマイズ面でテーマを選んだけど、デザインが微妙と感じる

両方を満たしていることに越したことはないですが、この場合だと明らかにAさんの方が楽しくブログを継続できて、成果が出せそうですよね。

機能面やカスタマイズ面は慣れで何とかカバーできますが、デザインはテーマを一回選ぶと大幅に変更するのは不可能です。

ロジックでは語れないデザインの良さがあると思います。それを大事にしていきましょう。

②:機能面

デザイン面に劣るかもですが、テーマ選びでは「機能面」も重要視すべきポイントです。

機能面で見るべきポイント
  • 装飾パターン
  • サイト表示速度
  • プラグインの親和性
  • 広告管理機能
  • カスタマイズのしやすさ

これらを確認するには、気になるテーマを使っているブログに訪れるのが一番早いです。

そうすることで、「こんな機能は実装できそうだなぁ」とかがわかってくるので。

また、カスタマイズのしやすさに関しては、YouTubeなどで一通り確認しておくのが良いかもです。「〇〇 カスタマイズ」と調べると大体出てきますよ。

③:サポート面

WordPressのテーマ選びにおけるポイント3つ目は、「サポート面」です。

どうしてもデザイン面や機能面に比べたら軽視されがちですが、サポート面も重要視すべきポイントになっています。

サポート面で見るべきポイント
  • マニュアルがあるのか
  • アップデートの頻度は適切か
  • 何かトラブルがあった時に対応できそうか

などを確認しておきましょう。

例えば、何かトラブった時に一瞬で解決できるのか、何時間も調べながら解決するのとでは雲泥の差ができますからね。

見えづらいポイントかもですが、しっかりと事前にリサーチしておくのがベストです。

WordPressテーマを選ぶ際の注意点

次にWordpressテーマを選ぶ際の注意点について共有していきます。

WordPressテーマを選ぶ際の注意点
  • SEOに強いは大体ステマ
  • ブロガーの意見は信頼度が低い
  • ブロックエディター非対応テーマは辞めておくべき

順番に解説していきます。

①:SEOに強いは大体ステマ

「SEOに強い」という文言は大体ステマだと考えています。

というのも最近だと、ほとんどのWordpressテーマで内部SEOは最適化されているからです。

内部SEO最適化
  • スマホ対応
  • SNSとの紐付け
  • カテゴリー&タグのindex/noindex設定
  • メタディスクリプション、alt属性の設定
  • パンくずリスト、関連記事などの内部リンク

これらは無料テーマでも十分に備わっています。むしろこれらが無いテーマは使う価値がないくらいですね。

よくテーマを調べる際に「SEOに強い!」を売り文句として見るかもですが、無料テーマでも十分に備わっています。

なので、WordPressテーマの選択においてSEOはあまり気にしなくても良いです。また「SEOに強い」という売り文言には気をつけましょう。

②:ブロガーの意見は信頼度が低い

これは特大ブーメランかもですが、ブロガーの意見は信頼度が低いです(ないとは言っていない)

なぜなら、そこにはアフィリエイトリンクがあって、誰もが自分のブログから買ってもらいたいからです。

なので、先ほどのような「SEOに強い!」という売り文句が生まれた訳ですね。

ただ、一部は公正な目を持ってWordpressテーマを評価している方もいるので、そちらを参考にできると良いかなと。

なかなか難しいですが(笑)

まあテーマの愛用度は、ブログを見ればなんとなく伝わってくるので、そういったブロガーを信用するのが良いかもです。

③:ブロックエディター非対応テーマは辞めておくべき

注意点3つ目は、ブロックエディター非対応テーマは辞めておくべきということです。

WordPress5.0から使用されるようになったブロックエディターですが、今はクラシックエディターから移行するための準備期間のようなものです。

これからクラシックエディターは淘汰されていく時代になるのに、今からブロックエディターの非対応テーマを使うのは時代遅れになってしまいます。

なので、Wordpressのテーマを選ぶ際には、しっかりとブロックエディターに対応しているテーマを選びましょう。

WordPressテーマで有料テーマを選ぶ優位性

ここからは、なぜ高いお金を払ってまで有料のWordpressテーマを導入するのか?について深ぼっていきます。

その前に、比較として無料テーマについて先に説明させてください。

前提:無料テーマでも十分

前提としてブログ運営をしていくのは、無料テーマでも十分です。

なぜなら先ほど触れた通り、「SEOに強い」は無料テーマでも十分クリアしているからです。

内部SEOがほぼ一緒なら、検索上位は基本的に記事コンテンツやドメインパワーで決まると言っても過言じゃないので、無料テーマでも十分ですよね。

しかし無料テーマは消耗しがちです

ブログ運営をしていくのに、無料テーマでも十分やっていけるのですが、その分デザイン面や機能面で消耗しがちになります。

無料テーマで求められること
  • HTML CSSでのデザイン変更
  • PHPを用いたカスタマイズ機能の追加
  • サポートが有料テーマに比べて劣るので、自分で解決できるググり力

マストではないですが、競合と戦っていくためにはこういったことが求められます。

これらをこなしていくための「時間&労力」を考えると、結構なモノです。

結論:有料テーマを買う=時間&労力を買う

結論として、有料テーマを導入する優位性は、無料テーマに比べると圧倒的に「時間&労力」を抑えることができることです。

低く見積もって時給1,000円だとしても、余裕で15時間分(有料テーマの相場は大体15,000円くらい)は抑えることができるはずなので、この思考だと元は十分に取れます。

デザインや機能に割く労力が減るので、その分記事コンテンツに時間を注げることができるのが有料テーマの良いところですね。

おすすめする有料テーマはSWELL

当ブログで毎回おすすめしていますが、やっぱりSWELLを選んで後悔したことは一度もありません。

SWELLのメリット
  • 圧倒的使い心地を追求したブロックエディター
  • 万人受けするシンプルなデザイン
  • 充実したサポート体制

デザイン面・機能面・サポート面のどれを取っても一級品です。また、「SEOに強い」と公言していないのもポイントが高いです。

SWELLの詳細については、下記のレビュー記事にて紹介しています。興味ある方はぜひご覧ください。

\  SWELLレビュー記事はこちら /

とはいえ有料テーマを買って損したくない方へ

1ヶ月ほどで挫折して、ブログを辞めてしまった時に有料テーマ代がもったいないと思われる方へ

そんな方には、セルフバックで資金調達をした上で有料テーマを買うのをおすすめします。

セルフバックで5〜10万円ほど稼ぐと、余裕で有料テーマ代はペイできますよ。

また、もし挫折してしまっても、収益はむしろプラスなので損しない戦略となっています。

セルフバックのやり方については、下の記事にて紹介しています。

まとめ:選び方のポイントを押さえてWordpressのテーマを決めよう!

本記事では、「WordPressテーマの選び方における3つのポイント」や「テーマ選びの注意点」、「有料テーマの優位性」について紹介しました。

ポイントをまとめると、

WordPressテーマの選び方における3つのポイント
  • デザイン面
  • 機能面
  • サポート面

これらのポイントは最低限押さえておきましょう。

また、有料テーマを選ぶ際には「時間&労力」を考えて、費用対効果に見合っているのか?について注目するのがベストです。

決してSEOでは無いので、注意してください。

というわけで今回は以上とします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

Thank you for sharing my post !!
  • URLをコピーしました!
目次