SWELLの子テーマとは?役割から使い方まで初心者にわかりやすく解説

悩む人

SWELLの子テーマって何かよくわからない…
役割から使い方まで簡単に教えて欲しいです…!

そういった悩みを解決します。

本記事の内容
  • SWELLの子テーマとは?
  • SWELLの子テーマの使い方

先日に、SWELL開発者の了さんが以下のようなツイートをしました。

WordPressでブログを初めてから、日が経ってない人は「子テーマ」「親テーマ」の概念とかって無いですよね。

僕もそうでした、、、

ただ、結論から言うと、そういった方は「子テーマ」を導入する必要性はほとんどないです。

ですが、子テーマについてある程度のことは知っておいた方が良いので、SWELL初心者の方に向けて「子テーマ」の役割から使い方まで簡単に解説していきます。

本記事を書いている人
  • 22歳国立理系大学生(機械学習をテーマに研究)
  • Web系のプログラミング言語を勉強→ITベンチャーで長期インターン
  • Twitterのフォロワー数は1500名ほど
  • 現在は法人のWebマーケティングの仕事を受けています
目次

SWELLの子テーマとは?

子テーマとは?について、Wordpress公式マニュアルから引用すると以下の通り。

子テーマは、親テーマと呼ばれる別のテーマの機能とスタイルを継承したテーマです。既存のテーマを変更する方法として、子テーマが推奨されています。

子テーマ – WordPress Codex

わかりづらいかもですが、親テーマ(購入時に配布されるテーマ)の機能を変えたいときに、親テーマに影響を与えずに使われるのが「子テーマ」です

テーマの機能やデザインは、親テーマのファイルから直接いじって変更することもできますよね。

ですが、テーマが更新されると上書きされるので、それら全てが消えてなくなります、、、

そういったのを防ぐために「子テーマ」は使われます。

テーマの役割
  • 親テーマ:購入時に配布されるテーマ。ブログの機能からデザインまで全てを構成する
  • 子テーマ:親テーマの機能やデザインを受け継いだテーマ。機能やデザインを親テーマに影響を与えずに変更したい時に使われる

簡単にまとめるとこんな感じですね。イメージがつかない方はじっくり読んだ方がいいかもです。

そういったわけで、ブログの機能やデザインを自分好みに変えたい方以外は「子テーマ」を使う必要性もなければ、ダウンロードする必要性も無いというわけです。

SWELL初心者が「子テーマ」を導入する必要性がないのは、こういった理由からです。

導入しても良いですが、子テーマ分も読み込んでしまうので、サイト表示速度が若干落ちます、、、

SWELLの子テーマの使い方

SWELLの子テーマを使う必要がない人は多いかもですが、一応使い方について解説していきます。

その前に、下記事の「SWELLを導入する方法」に目を通しておくと、これから説明する流れを掴みやすいです。

目を通していることを前提に進めていきますね。

SWELL子テーマの導入方法

子テーマをダウンロードするには、SWELLの公式ホームページから「フォーラム」→「ログイン」→「マイページ」に行きましょう。

下にスクロールすると、SWELL製品ダウンロードという見出しがあるので、そこから「子テーマ」をダウンロードすることができます。(SWELL 本体最新版というのが親テーマに該当します)

SWELL製品ダウンロード

ダッシュボードに入って、「外観」→「テーマ」→「新規追加」から子テーマをインストール。

SWELLの子テーマをインストール

有効化すると下のようになります。

SWELLの子テーマを有効化

親テーマが有効化の状態ではないので心配する人もいるかもですが、子テーマが親テーマの機能を継承しているので、これが正しい状態です。

SWELL子テーマの活用方法

SWELL子テーマを活用する場面は、style.cssを使ってデザインを整えたい時か、functions.phpや○○.phpを使って独自機能を追加したい時です。

ファイルの編集方法は「外観」→「テーマエディターファイル」に移動しましょう。

すると、style.cssとfunctions.phpがあるので、それらのファイルを変更することができます。

CSSを変更するにおいても、追加CSSから変更するよりわかりやすいですよね。

なお、ファイル内容の変更は自己責任なので、理解した上で変更していきましょう。バックアップをとっておいたり、ローカル環境に移行してから変更するのをおすすめします。

ローカル環境の作り方は、【WordPress】ローカル環境でブログのデザインを変更する方法【超便利】をご覧ください。

まとめ:SWELLの子テーマは正しく活用しよう!

本記事では、SWELLの子テーマの役割から使い方まで解説しました。

簡単にまとめると、サイトの一部機能を変更したい方以外は、子テーマを導入する必要はありません。

また子テーマを活用して機能を追加する場合は、バックアップを取っておいたり、ローカル環境で正しく動作するか確認してから変更しましょう。

それでは今回は以上とします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

\  SWELLのレビューはこちら /

\  SWELLでホームページ制作に興味がある方はこちら /

Thank you for sharing my post !!
  • URLをコピーしました!
目次